So-net無料ブログ作成
検索選択

パナソニック人事抗争史 ドキュメント
 [経済・ビジネス]

ドキュメント パナソニック人事抗争史

岩瀬達哉/著
出版社名 : 講談社
出版年月 : 2015年4月
ISBNコード : 978-4-06-219470-9
税込価格 : 1,490円
頁数・縦 : 231p・19cm


 松下電器(パナソニック)の2代目社長・松下正治、5代目社長・森下洋一、6代目社長・中村邦夫が、経営の神様と謳われた松下幸之助の操業した、日本を代表する電機メーカーをダメにした。長期的展望を忘れ、会社の利益を脇において繰り広げられた同社の20年に及ぶ人事抗争史を、関係者への取材をもとにしたドキュメントで綴る。

【目次】
第1章 カリスマ経営者の遺言
 元副社長の証言幸之助の怒り
  ほか
第2章 会長と社長の対立
 22人抜きの社長古参社員を切れ
  ほか
第3章 かくて人事はねじ曲げられた
 ソフトを手に入れろ幸之助好みの男
  ほか
第4章 潰されたビジネスプラン
 鯛は頭から腐る前社長路線の全否定
  ほか
第5章 そして忠臣はいなくなった
 つなぎ役の焦燥“マルドメ”
  ほか
第6章 人事はこんなに難しい
 社長就任スピーチプラズマにすべてを賭けた
  ほか

【著者】
岩瀬 達哉 (イワセ タツヤ)
 1955年、和歌山県生まれ。ジャーナリスト。2004年、『年金大崩壊』『年金の悲劇』により講談社ノンフィクション賞を受賞。また、同年「文藝春秋」に掲載した「伏魔殿社会保険庁を解体せよ」によって文藝春秋読者賞を受賞した。

【抜書】
人材流出(p151)
 森下洋一(5代目社長)は、プラズマ・テレビに力を注ぎ、液晶をないがしろにした。
 液晶の開発拠点だった石川工場は投資が絞られ、やがて2002年に東芝との共同出資会社の傘下に入ってしまう。このとき、優秀な技術者ほど、サムスン電子やLGエレクトロニクスなどに引き抜かれていった。

(2015/9/4)KG

〈この本の詳細〉


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

機械工学低フリクション

 島根大学の客員教授である久保田邦親博士らがこの境界潤滑の原理をついに解明。名称はCCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象にかかわる広い説明が可能で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後潤滑油の開発指針となってゆくことも期待されている。
by 機械工学低フリクション (2017-07-02 18:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました