So-net無料ブログ作成
検索選択

ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現
 [経済・ビジネス]

ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現

野口悠紀雄/著
出版社名:日本経済新聞出版社
出版年月:2017年1月
ISBNコード:978-4-532-35719-1
税込価格:1,944円
頁数・縦:355p・20cm


 革命的な技術革新であり、パラダイムシフトをもたらす可能性の高いブロックチェーンについて分かりやすく解説。

【目次】
ブロックチェーンが地殻変動を引き起こす
ブロックチェーン革命の到来
ブロックチェーンの応用(1)ビットコインの成長
ブロックチェーンの応用(2)銀行も導入
ブロックチェーンの応用(3)証券業に革命的変化
在来技術型のフィンテックとその限界
ブロックチェーンは通貨と金融をどう変えるか
ブロックチェーンの応用(4)事実の証明
ブロックチェーンの応用(5)IoT
分散型自律組織や分散市場がすでに誕生
分散型自律組織はいかなる未来を作るか
われわれは、どのような社会を実現できるか

【著者】
野口 悠紀雄 (ノグチ ユキオ)
 1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書:『情報の経済理論』(東洋経済新報社、日経・経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、サントリー学芸賞政治経済部門)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、吉野作造賞)。

【抜書】
●ビザンチン将軍問題(p48)
 P2Pネットワークで、いかにして共同作業を行うことができるか、つまり、どうすれば見知らぬ相手を信用することができるのか、という問題。
 ビザンチン帝国の将軍たちは、互いに他を陥れようとしていた。彼らは、ある都市を包囲し、「攻撃するか否か」を決めようとしている。一部の将軍だけで攻撃すれば敗北してしまう。攻撃するなら過半数が参加しなければならない。9人の将軍がおり、4人は賛成、4人は反対、その旨を他の将軍に連絡する。ところが、9人目の将軍は裏切り者で、攻撃派の将軍たちには賛成と伝え、反対派の将軍たちには反対と伝える。攻撃派の将軍たちは多数決で攻撃に決まったと判断して攻撃するが、敗北してしまう。裏切り者によって陥れられてしまう。
 では、裏切り者が現れないようにするには、どのような方法で合意を形成すればいいのか?
 つまり、信頼できない者同士が集まって共同作業を行うことは不可能だと考えられてきた。

●PoW(p49)
 PoW……Proof of Work。ビザンチン将軍問題を解決するための仕組み。各ブロックに直前のブロックのハッシュと、ナンス(number of once)という数字を組み込むことによって、再計算の手間を膨大なものにし、ブロックの改ざんを防ぐ。ナンス値はハッシュ関数に組み込まれた任意の数で、計算されるハッシュがある一定の条件(最初から一定個数だけゼロが並ぶという条件)を満たすよう要求される。
 一つのブロックの有効期限は10分間。
 あるブロックを改ざんした場合、それ以降のブロックも含めてハッシュとナンスを再計算しなければならない。
 フォーク……ナンスが求められるまでの間に、ブロックチェーンが枝分かれすることがある。それをフォークと呼ぶ。フォークが生じた場合、短い枝は捨てられる。

●コンメンダ(p175)
〔 中世イタリアの「コンメンダ」という事業形態では、航海ごとに出資を募った。イギリス東インド会社は、初期の段階では一航海ごとに資本家が出資を行う形態だった。未来の企業組織は、このようなものに先祖返りするかもしれない。〕

●DAO(p236)
 DAO……Decentralized Autonomous Organaization。分散型自立組織。管理者を持たず、P2Pを構成する多数のコンピュータが運営する。意思決定、実行、紛争解決は、ヒトが行うのではなく、プロトコルがあらかじめ定めたルールに従って行う。
 DAOはブロックチェーンによってコントロールされ、変更のきかないルールにしたがって運用される。企業がなくなったとしても、サービス自体提供され続けていく。
 ビットコインは、世界で初めてのDAOだと言われることもある。
 DAC……Decentralized Autonomous Corporation/Company。DAOの部分集合。株主のために配当を支払う組織。
 Dapps、DAO、DACなどは、bitcoin2.0とかBlockchain2.0などと呼ばれることもある。

●エセリウム(p237)
 エセリウム(Ethereum)……〔ユーザーが独自に定義したさまざまなスマートコントラクトや分散型アプリケーション(Dapps)を実行するためのプラットフォーム〕。プログラミング言語はチューリング完全(あらゆるプログラムを記述可能)であるとされる。
 ビットコインなどの多くのプロジェクトでは、スマートコントラクトを記述・実装できるのは開発チームだけだった。
 エセリウムはP2Pによって運営され、12秒に1回、承認作業を行う。
 セリウムにおける取引手数料やスマートコントラクトの実行手数料は、Gas(ガス)と呼ばれる。Gasは、基軸通貨のETH(イーサ)で支払われ、作業によって使用手数料が定められている。

●予測の自己実現効果(p254)
 人々が予測を信じて行動すると、結果的に予測通りになること。

(2017/3/29)KG

〈この本の詳細〉


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました