So-net無料ブログ作成
検索選択

中国のフロンティア 揺れ動く境界から考える
 [社会・政治・時事]

中国のフロンティア――揺れ動く境界から考える (岩波新書)
 
川島真/著
出版社名:岩波書店(岩波新書 新赤版 1652)
出版年月:2017年3月
ISBNコード:978-4-00-431652-7
税込価格:886円
頁数・縦:224p・18cm
 
 
 発展途上国による発展途上国に対する援助。中国は、アフリカ諸国その他に対して行っている援助をそう位置付けているようだ。援助を受ける側にしても、かつての支配者であったヨーロッパの先進国よりも、同じ立場にあった中国のほうにシンパシーを感じるのかもしれない。中国が行うアフリカ支援は、資源確保や世界支配の布石といった中国側の事情のみを取り上げるのではなく、援助を受ける側の「心情」も忖度して考える必要がある。
 そんなことを考えながら、アフリカ、東チモール、金門島と中国との関わりに関する本ルポを読んだ。
 
【目次】
序章 フロンティアから中国を考える
第1部 アフリカの中国人、中国のアフリカ人
 第1章 アフリカの「保定村」物語―中国人農業移民
 第2章 広州のアフリカ人街―中国に進出するアフリカ商人とその苦衷
 第3章 雑誌『非洲』の世界―中国の“公共外交”
第2部 マラウイはなぜ中国を選んだのか
 第4章 マラウイと中国の国交正常化
 第5章 マラウイと台湾の断交
第3部 溢れ出す中国―周辺外交の舞台
 第6章 中国・ASEAN南寧博覧会参観記
 第7章 二一世紀の援蒋ルート―雲南・ミャンマー国境
 第8章 東チモールから見る中国―マカオ・フォーラムと葡語スクール
第4部 中華圏の内なるフロンティア―金門島から見る
 第9章 金門島の経験した近代
 第10章 金門アイデンティティを求めて
終章 運動体としての中国をとらまえること
 
【著者】
川島 真 (カワシマ シン)
 1968年神奈川県横浜市生まれ。1997年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学、博士(文学)。現在、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授(国際関係史)。専攻は中国近現代史、アジア政治外交史。
 
【抜書】
●マカオ・フォーラム(p153)
 正式名称:中国-葡語国家経貿合作論壇(澳門)。
 ポルトガル語圏の国と、中国とが経済貿易協力を目指す組織。第1回の閣僚会議が2003年10月に開かれ、「経貿合作行動綱領」(10月13日)という基本文書を採択した。
 構成国は、中国、ポルトガル、ブラジル、東チモール、アンゴラ、モザンビーク、カーボベルデ、ギニアビサウ。
 
(2017/5/26)KG
 
〈この本の詳細〉


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。