So-net無料ブログ作成
検索選択

顎関節症は自分で治せる!
 [医学]

顎関節症は自分で治せる!
 
齋藤道雄/著
出版社名:主婦の友社
出版年月:2017年4月
ISBNコード:978-4-07-422988-8
税込価格:1,296円
頁数・縦:191p・19cm
 
 
 顎関節症を改善するためのブランコ運動(開口運動)や、顎関節症の原因となりやすい歯ぎしりや食いしばりを誘発するストレスを解消するためのリラックス法を紹介。
 
【目次】
第1章 顎関節症を治すブランコ運動とイメージ療法
 下あごの骨は関節円板からぶら下がったブランコのような構造になっている
 上あごに舌をつけて口を開閉すると、下あごの骨がブランコのようにゆれる
  ほか
第2章 顎関節症が起こる原因と治療
 あごにある関節円板が顎関節をスムーズに動かす
 咀嚼筋のバランスが崩れると、顎関節の動きに問題が出てくる
  ほか
第3章 顎関節症を自力で治す方法
 顎関節症を自分で治すには?ブランコ運動が治療の基本
 歯ぎしりのある人は必ず行う。野球理論で歯のズレがすぐわかる
  ほか
第4章 痛みが消えた、歯ぎしり・食いしばりが治った 顎関節症が自分で治せた!体験談
 あごがカックンと鳴る症状がブランコ運動を続けたら解消し、口も大きく開くようになった
 あごの激しい痛みがブランコ運動で解消し、歯ぎしり、食いしばりも自律訓練法で改善!
  ほか
第5章 顎関節症の再発を防ぐ生活習慣
 片側だけで噛んでいないか?噛みグセを直してバランスを整える
 やわらかい食品だけではダメ。噛みごたえのあるものを食べる
  ほか
 
【著者】
齋藤 道雄 (サイトウ ミチオ)
 1949年岩手県生まれ。東京医科歯科大学第2口腔外科助手・柏厚生総合病院歯科・口腔外科部長、副院長を経て、齋藤ファミリーデンタル院長。医学博士。口腔疾患に対する統合医療など予防医学普及のために執筆・講演などさまざまな活動を行っている。
 
【抜書】
●合谷、完骨(p120)
 合谷(ごうこく)……痛みを和らげるツボ。手の人差し指と親指の骨が合流するところから、やや人差し指寄りにある。この辺りを触っていくと、くぼみが見つかる。反対の手の親指で強く押すと、ジーンとくる場所が合谷。痛みがつらいときに押すと効果がある。
 完骨(かんこつ)……筋肉の緊張を和らげてリラックスしたいときに、指で回転させるようにして刺激する。耳の下の後ろ側にある出っ張った骨のくぼんだところ。
 
(2017/5/28)KG
 
〈この本の詳細〉


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました