So-net無料ブログ作成
検索選択

世界と日本がわかる最強の世界史
 [歴史・地理・民俗]

世界と日本がわかる 最強の世界史 (扶桑社新書)
 
八幡和郎/著
出版社名:育鵬社(扶桑社新書 230)
出版年月:2017年1月
ISBNコード:978-4-594-07640-5
税込価格:929円
頁数・縦:311p・18cm
 
 
 日本との関連を捉えながら古代から現代までの世界史を通観する。
 
【目次】
第1章 人類・神話・民族
第2章 ローマ・ペルシャ・秦漢帝国
第3章 仏教・キリスト教・イスラム教
第4章 民族移動・宗教政治・商人の活躍
第5章 成吉思汗・ルネサンス・オスマン帝国
第6章 大航海時代・アメリカ・宗教改革
第7章 ウェストファリア体制・絶対王制・大清帝国
第8章 アメリカ独立・フランス革命・大英帝国
第9章 世界大戦・社会主義・ファシズム
第10章 国家独立・市場経済・グローバリズム
 
【著者】
八幡 和郎 (ヤワタ カズオ)
 1951年滋賀県生まれ。東京大学法学部卒業。通商産業省(現経済産業省)入省。フランスの国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任後、現在、徳島文理大学大学院教授を務め、作家、評論家としてテレビなどでも活躍中。
 
【抜書】
●帝国(p32)
 世界でただ一人だけ、エンペラーを名乗っているのは日本の天皇。
 ヨーロッパでは、ドイツ、オーストリア、ロシアの皇帝が、第一次世界大戦とその時期の革命でいなくなった。
 ソロモン王とシバの女王の子孫とされるエチオピアのハイエセラシエ(ハイレ・セラシエ)帝も、1974年に革命によって廃位させられた。
 しかし、帝国主義とか大英帝国といったように使われるときの「エンパイア(帝国)」というのは、多数の国とか民族を束ねた政治形態のことをいう。君主が皇帝を名乗っているかどうかは関係ない。
 帝国のはしりは、紀元前7世紀にメソポタミアからエジプトまでを統一した、アッシリア。
 完成形にしたのは、紀元前6世紀にダレイオス1世(在位前522-前486)のもとで全盛期を迎えたアケメネス朝ペルシャ。インド北西部からマケドニアやルーマニア、エジプトまで領土が及んだ。
 ペルシャの制度は、それを滅ぼしたアレクサンドロス大王の帝国に引き継がれ、さらにローマやインドのアショーカ王の帝国もその伝統を受け継いでいる。
 
●朝鮮半島(p58)
〔 しばしば、日本が半島から文明を学んだという言い方がされますが、根拠はありません。稲作が本格化する条件も温暖な日本のほうが整っています。あとで書くように6世紀あたりに百済を通じて中国の文化を輸入する時代がありましたが、ほかの時代にもそれと同じようなことがあったわけではありません。〕
 
●「何も学ばず、何も忘れず」(p178)
 クロムウェルが59歳で死んだとき、死刑にしたチャールズ1世の息子で大陸に亡命していたチャールズ2世を迎えて王政復古を選んだ。
 ただ、彼らは大陸から「何も学ばず、忘れず」に帰ってきたので、人々に嫌われた。結果、チャールズ2世の弟であるジェームズ2世は、名誉革命(1688年)で追放され、娘のメアリとその夫でプロテスタントだったオランダ総督オレンジ公ウィリアム(オラニエ公ウィレム)が共同君主として迎えられた。
 フランスが戦争に負けて、ナポレオンが地中海のエルバ島に流されたとき、亡命者たちは「何も学ばず、何も忘れず」に帰ってきた。ルイ16世の弟がルイ18世になった。(p204)
 
●セオドア・ルーズベルト(p244)
 セオドア・ルーズベルト(在任1901-09)は、軍事的な圧力を背景に、「静かに歩いていても、棍棒を持ってさえいれば遠くに行ける」ということをモットーにしていた。
 パナマ運河を建設するためにコロンビア国内の分離派を巧妙に仕掛けたことを理想主義者は非難したが、「運河を建設する前に半世紀も議論するよりも、建設してから私の処置について半世紀議論したほうがましだ」と反論した。
 
●中国(p308)
 〔中国は政治・経済・社会・文化などいずれをとっても巨大な開発途上国にすぎません。もし、21世紀が後進文明国のヘゲモニーのもとに置かれるなら、人類にとってこのうえない不幸はないのです。〕
 
(2017/6/3)KG
 
〈この本の詳細〉


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。