So-net無料ブログ作成

国家の矛盾
 [社会・政治・時事]

国家の矛盾 (新潮新書)
 
高村正彦/著 三浦瑠麗/著
出版社名:新潮社(新潮新書 703)
出版年月:2017年2月
ISBNコード:978-4-10-610703-0
税込価格:842円
頁数・縦:236p・18cm
 
 
 2015年秋に成立した平和安全法制を主導した立役者のひとりである高村正彦と、国際政治学者の三浦瑠麗による対談。法政成立の舞台裏や、日本の安全保障、米国との関係などを真摯に語る。
 
【目次】
第1章 安全保障の矛盾
 安全保障は「確率のゲーム」
 戦前の「翼賛勢力」に似ているのはどっち?
 「原罪としての敗戦」という考え方
  ほか
第2章 外交の矛盾
 「法理」はキープし、「当てはめ」は柔軟に
 米軍駐留の必要性と国民感情の相克
 対北朝鮮政策に「正解」は存在しない
  ほか
第3章 政治の矛盾
 小選挙区制が生んだ「政治主導」
 「政高党低」か「党高政低」か
 筋金入りの平和主義者・河本敏夫
  ほか
 
【著者】
高村 正彦 (コウムラ マサヒコ)
 1942(昭和17)年生まれ。衆議院議員。自由民主党副総裁。弁護士。外務大臣、防衛大臣、法務大臣などを歴任。
 
三浦 瑠麗 (ミウラ ルリ)
 1980(昭和55)年生まれ。国際政治学者。東京大学政策ビジョン研究センター講師。株式会社山猫総合研究所代表。博士(法学)。
 
【抜書】
●武力行使3要件(p27、高村)
 平和安全法案で、武力行使をする際の要件。
 (1)我が国に対する武力攻撃が発生したこと、又は我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険があること。
 (2)これを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないこと。
 (3)必要最小限度の実力行使にとどまるべきこと。
 
●サラミスライス(p45、三浦)
 中国は、南シナ海や東シナ海で、サラミを薄く切るように少しずつ勢力を拡張させ、既成事実を積み重ねていく「サラミスライス戦略」をとっている。
 
●芦田修正論(p56、編集部注)
 憲法9条第1項は、武力による威嚇や武力の行使を「国際紛争を解決する手段」としては放棄する、と定めている。第2項では、「前項の目的を達するため」に戦力を保持しない、と定めている(この部分は芦田均が加えた)。
 したがって、我が国が当事国である国際紛争を解決するために武力による威嚇や武力の行使に用いる戦力の保持は禁止されている。しかし、それ以外の目的での戦力の保持は認められている、という考え方。すなわち、個別的または集団的を問わず自衛のための実力の保持や、国際貢献のための実力の保持は禁止されてない、という考え方。
 
●本音(p97、三浦)
〔 ただ、世界全体で人々が本音で話したいというふうに思っていますよね。イギリス、フィリピン、大阪でもそうだった。トランプ現象ももちろんそうです。彼らは何に対して戦ったのか。大阪では大阪自民党であり、そこと結託していた官僚でした。トランプは不法移民問題に対して何もできていないワシントンのエスタブリッシュメント。フィリピンのドゥテルテが衝いたのは、大農場主の保守派が組織犯罪グループとなあなあにやってきたことに対する国民の不満です。現状を何らかの形で変えたいと思いている人々の、変えてこなかった人たちに対する怒りがあちこちで噴出している。2009年に、それまでほとんど経験を蓄積してこなかった政党に政権を与えて大失敗した日本は、その経験から学んで穏健化したのかもしれないですが。〕
 
(2017/7/15)KG
 
〈この本の詳細〉


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました